育児と子育てクチコミ情報満載の老舗ポータルサイト kosodate119ドットコム

お問い合わせ | 削除依頼


保育園での出来事の相談・共有板


*誹謗中傷投稿には、クールにスルーが大人の選択です。
新規発言一覧HOME
*コテ叩きは人生に余裕がない証しです。

プレ05保育幼稚小学中高18障育親親夫婦シン近所
働く健康介護性悩引越噂板またり素朴こころひといきチャット

▼関連発言

└◆131-2:Re:子供の食事について [発達障害] 04/05 09:19
 └◆131-3:Re:Re:子供の食事について [発達障害] 04/05 09:35

[返信]
発言者: 発達障害
発言日: 2013 04/05 09:19

うちの子と同じです。お子さんの事例は発達障害の方を参考にされると良いで
すよ。


先ず断って置きますがお子さんに障害が有る無しの話がしたいのでは無いの
で勘違いしないで下さい。
基本どのお子さまも、10歳過ぎるまでは発達障害なのだと言う発想が元と
なっています。
つまり身長や体重等の成長には誰しも個人差が有るのは見たままなので理解
されやすいですよね。それと同じで脳の発達も身長と同じで発達に個人差が有
るのですが周囲の認知が低く、中々理解しない大人が多いのです。
脳の機能は身長や体重と同じで、平均的にバランス良く発達する子もいれば
、生まれつき身長が低く成長期に伸びる子のように、脳の機能部分が遅れて発
達する子もいるので発達が穏やかだからと言って慌てなくても大丈夫なのです


お子さんの場合、味覚の部分が他所のお子さまと比べて未熟だと言う事に主
さんは気づいてあげて下さい。

味覚の部分が未発達だからと言って心配もしなくて大丈夫です。味覚の神経
に異常が無ければ必ず大人になるまでには味覚が成長に追い付きます。
だからネットの情報も大きくなれば食べれるようになるよとあるのです。


育児書を読まれたことが有る方ならご存知かも知れませんが、赤ちゃんの味
覚は先ず甘味から発達するそうです。
お子さまの食べ物の好みにバラツキが有るのはそのせいです。
甘味があっても辛味や酸味が邪魔をして食べれなかったりします。そういっ
た味覚のバラツキに関しても個人差がありますからお母さんである主さんの方
がどの味覚まで育っているかは解っていると思います。
ですのでこのような味覚過敏なお子さんには味覚リストを作ってあげると、
味覚の発達レベルが理解出来て保育所側にも理解をして貰えやすくなります。


ただ残念なのですが、保育士は児童心理を学んだ人が居ません。
ですから味覚にも発達のバラツキが有ることを知らない、不勉強な人が多い
ので、食べない子は親のせいによくします。
また、病院でもお世話になっておられるようですが、小児医師も児童心理を
学んでいる医師は少ないです。
ですから、主さんが嫌で無ければ、発達障害の子がお世話になっている病院
にかかると、主さんやお子さんには良いアドバイスが受けられると思います。

これは味覚過敏な部分が何処で発達するかが解らないから、就学する時に、
お子さんが辛い思いをすることなくサポートを受けるための手段と思い探され
たらと思います。


因みに我が子は小3で甘味以外に酸味のある物が食べられるようになりまし
た。
苦味は渋みと重なっていなければ少しトライ出きるようになっています。

 

[返信]
発言者: 発達障害
発言日: 2013 04/05 09:35

>うちの子と同じです。お子さんの事例は発達障害の方を参考にされると良い
ですよ。

>
>
>先ず断って置きますがお子さんに障害が有る無しの話がしたいのでは無い
ので勘違いしないで下さい。

>基本どのお子さまも、10歳過ぎるまでは発達障害なのだと言う発想が元と
なっています。

>つまり身長や体重等の成長には誰しも個人差が有るのは見たままなので理
解されやすいですよね。それと同じで脳の発達も身長と同じで発達に個人差が
有るのですが周囲の認知が低く、中々理解しない大人が多いのです。

>脳の機能は身長や体重と同じで、平均的にバランス良く発達する子もいれば、生
まれつき身長が低く成長期に伸びる子のように、脳の機能部分が遅れて発達す
る子もいるので発達が穏やかだからと言って慌てなくても大丈夫なのです。

>
>お子さんの場合、味覚の部分が他所のお子さまと比べて未熟だと言う事に主
さんは気づいてあげて下さい。

>
>味覚の部分が未発達だからと言って心配もしなくて大丈夫です。味覚の神経
に異常が無ければ必ず大人になるまでには味覚が成長に追い付きます。

>だからネットの情報も大きくなれば食べれるようになるよとあるのです。
>
>
>育児書を読まれたことが有る方ならご存知かも知れませんが、赤ちゃんの味
覚は先ず甘味から発達するそうです。

>お子さまの食べ物の好みにバラツキが有るのはそのせいです。
>甘味があっても辛味や酸味が邪魔をして食べれなかったりします。そういっ
た味覚のバラツキに関しても個人差がありますからお母さんである主さんの方が
どの味覚まで育っているかは解っていると思います。

>ですのでこのような味覚過敏なお子さんには味覚リストを作ってあげると、味
覚の発達レベルが理解出来て保育所側にも理解をして貰えやすくなります。

>
>ただ残念なのですが、保育士は児童心理を学んだ人が居ません。
>ですから味覚にも発達のバラツキが有ることを知らない、不勉強な人が多いの
で、食べない子は親のせいによくします。

>また、病院でもお世話になっておられるようですが、小児医師も児童心理を
学んでいる医師は少ないです。

>ですから、主さんが嫌で無ければ、発達障害の子がお世話になっている病院
にかかると、主さんやお子さんには良いアドバイスが受けられると思います。

>これは味覚過敏な部分が何処で発達するかが解らないから、就学する時に、
お子さんが辛い思いをすることなくサポートを受けるための手段と思い探された
らと思います。

>
>
>因みに我が子は小3で甘味以外に酸味のある物が食べられるようになりま
した。

>苦味は渋みと重なっていなければ少しトライ出きるようになっています。





書き忘れていました。
追記します。


偏食の原因には味覚以外に、口当たりがある事も忘れていました。
うちの子は大きくなったので、余程な口当たりに違和感を感じない限りは食
べられない事が無いので忘れていました。

スープのような流動的な物から、固形も硬い物から柔らかい物まで様々です

これらの口当たりは大人でも駄目な人がいると思います。
プチプチ感が駄目な人やグミのようなムニムニ感が駄目な事もあります。


また、味覚以外に、視覚部分の発達が真逆に大変良い子の場合は、形や色だ
けで食べ物を拒否する子もいます。
例えばうちの子の場合、牛乳のパッケージがいつも飲む同じデザインで無い
と飲んでくれなかったりしました。

 




広告について プライバシーポリシー 利用規約 プレスリリース サイトマップ
Copyright © 1999-2016 kosodate119ドットコム All Rights Reserved.

CSS Template CSSデザインサンプル