育児と子育てクチコミ情報満載の老舗ポータルサイト kosodate119ドットコム

お問い合わせ | 削除依頼


障害児を育てている保護者の方の相談・共有板


*誹謗中傷投稿には、クールにスルーが大人の選択です。
新規発言一覧HOME
*コテ叩きは人生に余裕がない証しです。

プレ05保育幼稚小学中高18障育親親夫婦シン近所
働く健康介護性悩引越噂板またり素朴こころひといきチャット

▼関連発言

└◆445-1:立ち止まり振り返り [ぐち子] 01/26 09:36
 ├◆445-2:Re:立ち止まり振り返り [カモメ] 01/26 10:03
 │└◆445-4:Re:Re:立ち止まり振り返り [ぐち子] 01/29 21:07
 └◆445-3:Re:立ち止まり振り返り [でこ] 01/29 20:17
  └◆445-5:Re:Re:立ち止まり振り返り [ぐち子] 01/29 21:31 新着

[返信]
発言者: ぐち子
発言日: 2017 01/26 09:36

療育手帳再申請のため、診断に行きました。
当日でおおよその程度の見通しをきかされたのですが、落ち込みました。

二年前にはできたことが今できなくなっている項目もいくつかあること。
成長の伸びが実年齢に比べて以前より開きが出てきていること。
今から二年後の診断では、重い判定がでるかもしれないこと・・・。

前回中度(Bの1)で、かなり軽度に近いといわれていたのですが、今回は重度
に近い中度判定のようです。

思春期の難しい時期で、中学校が合わなかったようで大荒れ。
その結果の転校で1年ぐらい経ち、やっと落ち着いて穏やかになってきたの
で伸びているかと思っていたらこの結果。

このままの穏やかな子でいてくれるなら障害の程度なんてどうだっていいと
考える反面、大事なものを奪いつつの無理な成長を強いたのではないか、頭を
押さえつけてしまったのではないか・・・と胸が苦しいです。

 

[返信]
発言者: カモメ
発言日: 2017 01/26 10:03

>療育手帳再申請のため、診断に行きました。
>当日でおおよその程度の見通しをきかされたのですが、落ち込みました。

>
>二年前にはできたことが今できなくなっている項目もいくつかあること。

>成長の伸びが実年齢に比べて以前より開きが出てきていること。
>今から二年後の診断では、重い判定がでるかもしれないこと・・・。
>
>前回中度(Bの1)で、かなり軽度に近いといわれていたのですが、今回は重
度に近い中度判定のようです。

>
>思春期の難しい時期で、中学校が合わなかったようで大荒れ。
>その結果の転校で1年ぐらい経ち、やっと落ち着いて穏やかになってきた
ので伸びているかと思っていたらこの結果。

>
>このままの穏やかな子でいてくれるなら障害の程度なんてどうだっていい
と考える反面、大事なものを奪いつつの無理な成長を強いたのではないか、頭
を押さえつけてしまったのではないか・・・と胸が苦しいです。


環境を変えて、穏やかになって良かったね。
過去は変わらないけど、未来には希望がたくさんあるよ。
可能性は未知数。
「発達障害な僕たちから」ブログなんだけど読んでみて。
学校生活が特性を持った子にはマイナスになりやすいけど、環境さえ整って
ればビックリの成長を遂げるみたい。
何より、本人が生きてることを楽しめてるのが素敵。
だから落ち込まないで、今を喜ぼうよ。

 

[返信]
発言者: ぐち子
発言日: 2017 01/29 21:07

ご紹介いただいたブログ少し読んでみました。
生きづらさを抱えつつも、希望を持ち居場所を求め続ける姿勢に感動しまし
た。
あのバイタリティーはこの時代には希少ですよね。

弱音を吐かせていただいたことで救われた気分です。
先日は障害年金の講習会があり、受けてきました。
前向きに生活していこうと思います。
ありがとうございました。

 

[返信]
発言者: でこ
発言日: 2017 01/29 20:17

何でも右肩上がりに成長していなくても、戻ったり忘れたりがあってもいいん
じゃないかな。
うちもよく忘れて振りだしに戻ってるよ。
それより今穏やかに過ごせているなら、それが一番。
転校の際しては主さん大変だったでしょう。お疲れさまです。
うちは安定せず荒れてます。

 

[返信]
発言者: ぐち子
発言日: 2017 01/29 21:31

お子さんが荒れているとのことなのに、こんなにお優しいレスを書けるなんて
、とても余裕のあるお母さんで、お子さんは幸せだろうと思いました。
お子さんが早く安定してそのことに気付けますように。

うちの場合、普通中学校の支援学級から支援学校に転校になりました。
元の中学校の先生たちの様々な反応・・・特に担任からの言動には、今でもふと
思い返してはつらい気持ちが押し寄せてくることがあります。
暴言ではなかったのですけれども、学校はこれ以上できないし、問題がある
のはうちの子だけ。学校に通えるような状態にして送り出すのは家庭の役目と
いう趣旨でした。

転校しても一年ほどは荒れ続けるばかりで安定までにはたいへん時間がかか
りました。
支援学校の担任からの「うちの学校は職員が常に何人もいて手が足りないと
いうことはありません。どんな状態でも安心して登校させてください。放課後
や休日でもなにかあれば電話をください。すぐ駆けつけます」という言葉を頼
りにできるかぎり登校させ、やっと今があります。

長いトンネルを抜けたのか、それとも途中なのかはまだわかりませんが、発
達検査の結果にこだわらず、笑顔でいたいと思います。

でこさんこそお疲れ様です。
私達皆 お疲れ様です。

 




広告について プライバシーポリシー 利用規約 プレスリリース サイトマップ
Copyright © 1999-2016 kosodate119ドットコム All Rights Reserved.

CSS Template CSSデザインサンプル