育児と子育てクチコミ情報満載の老舗ポータルサイト kosodate119ドットコム

お問い合わせ | 削除依頼


スピード雑談☆旬なあの噂・この噂


*誹謗中傷投稿には、クールにスルーが大人の選択です。
新規発言一覧HOME
*コテ叩きは人生に余裕がない証しです。

プレ05保育幼稚小学中高18障育親親夫婦シン近所
働く健康介護性悩引越噂板またり素朴こころひといきチャット

▼関連発言

└◆153682-27:Re:Re:Re:Re:あえて [これみっけ] 05/16 19:13

[返信]
発言者: これみっけ
発言日: 2018 05/16 19:13

日大アメフト部OBは内田監督の指示があったとコメントしている模様

アメリカンフットボールの日大と関学大の定期戦(6日、東京)で日大の守
備選手が相手選手に過度な反則行為となるタックルを浴びせて負傷させた問題
で、日大の内田正人監督が学内の聞き取り調査に、「反則行為を指示したこと
はない」と話していることが分かった。日大広報部が16日明らかにした。

 日大は試合後、事実関係を把握するため、学内調査を実施。内田監督は聞
き取り調査に「反則行為を指示したことはない」と答え、「(守備選手に)頑
張れと言い、その受け止め方が、あのプレーにつながってしまったのかな」と
話したという。また、守備選手も「監督から指示されたことはない」と答えた
という。広報部によると、調査は引き続き続けていく。

 反則行為について、関学大は10日付で日大に見解を求める文書を送付し
、15日に回答を受け取った。17日の会見で明らかにする予定で、その回答
内容も学内調査に沿ったものになる可能性がある。

 6日の試合では、日大の守備選手が、関学大攻撃の1プレー目、パスを投
げ終えた関学大のクオーターバック(QB)に背後からタックル。QBはその
プレーで負傷退場した。守備選手は3プレー目、5プレー目にも反則行為をし
て資格没収(退場)となった。

 関東学生連盟は9日の理事会で映像を分析し、この反則行為を問題視。守
備選手を対外試合の出場禁止処分、内田正人監督を指導者責任として厳重注意
処分とした。(榊原一生)

朝日新聞 2018年5月16日

 




広告について プライバシーポリシー 利用規約 プレスリリース サイトマップ
Copyright © 1999-2016 kosodate119ドットコム All Rights Reserved.

CSS Template CSSデザインサンプル